大阪平野区。葬儀 葬祭 大阪市企画葬儀。葬儀の流れ、葬祭プラン

大阪市規格葬儀取扱指定店 葬儀全般 花佐 06-6792-0689 24時間365日受付
大阪市規格葬儀 セットプラン 葬儀の流れ 会社案内 トップページ
臨終直後から
通夜・葬儀の用意
通夜式・葬儀
火葬とその後

(8) 通夜式・通夜ぶるまい

僧侶をお迎えし、読経と焼香をします。


通夜式が終了したら、弔問客にお食事とお酒などを出し接待します。


枕机のお守り。

近親者が交代で、枕机のローソクと選考を絶やさないよう葬儀までお守りします。

(9) 葬儀と告別式

(9)葬儀と告別式

葬儀はおおむね次のような順序でおこないます。

1.参集
2.遺族・親族着席
3.僧侶の入場
4.進行係(当社係員)による開式の辞
5.読経の開始
6.僧侶の焼香
7.弔辞・弔電の拝読
8.葬儀委員長焼香・喪主焼香
9.遺族・親族の焼香
10.一般焼香
11.読経終了
12.僧侶の退席
13.喪主会葬御礼の挨拶(当社で代行する場合もあります)
14.お別れ・御出棺
※葬儀の規模、宗旨、宗派、地域の習慣などにより内容が異なる場合もあります。

(10) 出棺

最後のお別れをします。

柩の蓋を開け、お別れをします。祭壇に供えられた花を切って入れ、美しく飾ります。

火葬場へ出発します。

(11) 火葬とお骨上げ

火葬場で納めの式を行います。


火葬が終わった後お骨上げをします。


お骨を持ち帰ります。


当社係員が立会い、皆様をお世話させていただきます。

(12) 精進落しと初七日

(12)精進落しと初七日

精進落し

遺族、親族、葬儀役員、お手伝いの方々にも酒肴を供し、労をねぎらいます。

初七日法要

初七日法要は、亡くなった日、もしくは亡くなった日の前日から数えて七日目に行いますが、多忙な方が増えているため、葬儀の日にお骨が帰った後に行うことも多くなりました。

(13) 葬儀後に必要なこと

四十九日法要に、忌明けのあいさつを兼ね、香典返しをします。

←戻る